2008年10月31日NNHK教育「美の壺」にて放映されました




松本城 〜 からす城・黒く輝く城

戦国時代の初頭、松本平深志の地に兵站基地と政治的拠点の性格を併せ持つ平城を築く、武田流の縄張術を駆使した深志城。後の松本城誕生であった。
やがて天下統一にあと一歩と迫った豊臣秀吉の命を受け石川数正父子が入城、 漆黒の五層天守が建造され松本城は名実とともに信府第一の大城となった。
北アルプスを背景に威容を誇る漆黒の五層天守は、400年の年月を経た現存する最古の五層天守である。
姫路城が「白鷺城」「白亜の城」と呼ばれたのに対し、松本城は「からす城」「黒く輝く城」という対照的な姿を見せている。


キットの仕様・特徴

◆ 縮尺 1/80
◆ 材質 神代材 桧他
◆ 鬼瓦にソフトメタルで再現
◆ 製作参考時間:250時間
◆ 全高:460mm 全幅:700mm 奥行:600mm(飾り台含む)
◆ 価格:90,000円+税
数量
カートの中を見るお買い物について