飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築

607年(推古十五年)、推古天皇と聖徳太子が用明天皇の病を治すために、薬師像を祀る斑鳩寺(現法隆寺)の建築を進めたことが始まりとされています。

用明天皇のために創建された最初の法隆寺は、日本初期によると、創建から64年後の670年(天智天皇9年)に火災で焼失した記されていおり、現在の法隆寺は672年から689年にかけて再建を始めたものとされています

現在、法隆寺は塔・金堂を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられています。広さ約18万7千平方メートルの境内には、飛鳥時代をはじめとする各時代の粋を集めた建築物が軒をつらね、たくさんの宝物類が伝来しています。国宝・重要文化財に指定されたものだけでも約190件、点数にして2300余点に及んでいます。

このような伝統をもつ法隆寺ですが、1993年には、ユネスコの世界文化遺産のリストに日本で初めて登録されるなど、世界的な仏教文化の宝庫として世界中から注目を集めています。


聖徳太子が夢で仏と出会った場所

聖徳太子の遺徳を偲んで天平11年(739)に、聖徳太子のお住まいであった斑鳩の宮跡に、行信僧都という高僧が建てた伽藍を上宮王院(東院伽藍)といい、その中心となる八角円堂の建物が夢殿です。

四方に扉が設けてあり、瓦ぶきの屋根は創建当時のまま残っています。 内部には、本尊の国宝 救世観音像 (聖徳太子等身の像と伝えられている)とともに、行信僧都と、平安時代初めに東院を修理 した道詮律師(どうせんりっし)の座像があり、いずれも国宝に指定されている。

救世観音像は、像高178.8cm、下地は漆を塗り、白土地に金箔を押してつくられ、 手にはすべての願いがかなうという宝珠を持っている。 この観音は、太子の等身大と伝えられ、秘仏であったが、明治17年フェノ ロサにより開扉されたといわれている。


キットの仕様・特徴

◆ 縮尺 1/50
◆ 材質は、神代材・香木を使用。(一部基壇部、補強材などで別材質使用。)
◆ 本殿頭頂の宝珠を精密エッチング、鬼瓦をホワイトメタルで再現。

本殿頭頂の宝珠 鬼瓦


◆ 本殿内部には木彫りの救世観音像、光背は精密エッチングで再現。

救世観音像 光背


◆ イラストをふんだんに使用した全18ページの組立説明書で、初心者の方でも簡単に組立が可能です。




◆ 組立参考用の原寸図付属。(A3 2枚)




◆ 100時間 完成時寸法全高:340mm 全幅:470mm(飾り台)奥行:470mm(飾り台)
◆ 価格 ¥60,000+消費税
数量
カートの中を見るお買い物について